2009年7月25日土曜日

キトでの生活

3週間ほどキトに沈没してしまった(旅人用語で一つの場所に長期滞在することを沈没という)。その理由として、宿泊したBlue House Hostelが今までの宿の中でも上位に入る居心地の良さだったということがいえよう。申し分ないほどホットシャワーの出は良く、朝食&Wifi付き(日本で生活している人にはこのシャワーの出、特にお湯が出るという点に関して理解ができないかもしれないが、たいていの宿はシャワーの出が悪い。しかも水シャワーなんてのはざらなのである)オーナーのニコラスを初め、日本のアニメ、漫画好きのクリスティアーノやマルセイロといったとてもフレンドリーなスタッフ達。これで一泊6ドルちょい(長期滞在割り引きがあったため)は安いと思われる。

さて生活のほうはというとスペイン語レッスンを終え、ちょうどラテンアメリカ・フィルムフェスティバルが行われていたので、宿が一緒のアルゼンチン人ルーカスと共に映画漬けの日々。もちろん映画は(ブラジル映画を除いて)スペイン語。まぁさっぱり理解出来ない。たかだか2週間ほどのスペイン語授業を受けてすべて理解できるようになるのなら誰も語学に苦労はしない。しかし、言葉はわからないにしろ、だいたいのストーリーがわかるところが映画のいいところ。わからなかったところは映画終了後、ルーカスに質問。

因に今回見た映画はこちら

  • Derecho de familia (Argentina)
  • Familia rodante (Argentina)
  • Felis Natal (Brasil) 最優秀脚本賞
  • Impulso (Ecuador)
  • La nana (Chile) 最優秀主演女優賞
  • Lake Tahoe (Mexico) 最優秀作品賞

その他ショートフィルムを15本ほど。日本で見れるかどうかはわからないが、もし見る機会があれば是非見てみてほしい。

さらにこのルーカスという男、フリーランスのライターをやっていて今回のこの映画祭についての記事を書くためインタビューをするとのこと。そこで僕は同行カメラマンとして付いていくことに。一人目のインタビューは“Corazon del Tiempo”(米題では“Heart of Time”この作品はサンダンス映画祭にも出品されていた)の監督であるAlberto Cortes。今回の彼の作品はメキシコ、チアパス州のサパティスタを独自の視点で描いたもの。ということでインタビューはもっぱらサパティスタについて語っていた。とても興味のある話だったが、ほとんど理解ができず残念。そして次のインタビューは今回の映画祭の一環でキトにてライブを行う、アルゼンチン人ミュージシャンKevin Johansenと同じくアルゼンチン人アーティストのLiniers haciendo。何を話しているかはさっぱりわからなかったが、彼らはとても気さくに話しかけてくれしかもカメラに向かっておどけてくれたりしたので、かなり楽しいインタビューだった。

あとはオーナーのニコラスがベスパを買いたいというので(以前日本でベスパを乗っていたという話をしていたこともあり)一緒に見に行ったり、イギリス人スーザンが携帯を無くしたというので一緒にブラックマーケット(盗品市場)に探しに行ったりと盛りだくさんな毎日。そうそう、このスーザンは以前仙台で3年近く働いてたそうで、少しだが日本語がわかるのだ。飲んだときに「なんで日本人の弁当はあんなに豪華なんだ」は「吉野家うまい」などの話しで大盛り上がり。

とまあ、ここで出会った多くの人々とは、とにかく楽しい時間を過ごすことができた。ここキトは、行くまでは特になんとも思っていなかった場所だったが、今ではまた機会があれば戻ってきたい場所の一つとなった。


さらばキト。また会う日まで…

2009年7月11日土曜日

スペイン語

かれこれ旅を続けて早くも7ヶ月が経とうとしている。メキシコ、キューバ、グァテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、コスタリカ、ベネズエラ、そしてここエクアドルとすべてスペイン語圏。しかしスペイン語はできるのかと言われると皆無に等しい。グァテマラにてレッスンを受けようと授業を見学したが「これだったら独学でなんとかなる」なんて簡単に思いこみそのまま受けずじまい。旅を続けていていると必ず英語ができる人間がいるので、別の意味でなんとかなってしまい、肝心なスペイン語はというと全く進歩なし。
スペイン語ができるのとできないのとでは、現地の人間とのコミュニケーションが取れることにより、楽しみが何倍も、いや何百倍も違ってくる。ということでここキトにてスペイン語のレッスンを受けることにした。

期間はとりあえず2週間ほど。一対一のプライベートレッスン。教師は髪超セクシーなエクアドルガール!!を期待してたが黒髪ちり毛&ロン毛の髭がこゆーい男、サンチアゴ28歳。日本人で例えるなら「たのきんトリオ」の“よっちゃん”といったところ。でもまあ、教え方も非常に丁寧でわかりやすいので問題なし。それとグァテマラ滞在時に少し独学で勉強したのと、7ヶ月間のスペイン語圏の旅は全く無駄ではなかった様。耳が慣れ、且つスペイン語の外殻がだいたいわかっているので理解には困らない。しかし、動詞の活用&単語を覚えるのは楽ではない。普段使っていなかった脳みそをフル回転させ、何年ぶりかわからないくらいにまともに毎日勉強をしているため、ベットに入るやいなや大爆睡

とはいえ、ここキトは飯は安く(現地飯だと1.5〜2ドル。中華だと2〜3ドルほど)、且つうまい。気候は朝晩はかなり冷え込むが、日中は割と暖かく過ごしやすい。宿も居心地が良い。

ということでひっじょーに充実した日々を送っております、ハイ。

2009年7月7日火曜日

タンゴフェスティバル in Medellin




コロンビアのメデジンに滞在中、タンゴフェスティバルが開催されていた。宿が同室のアルゼンチン人が出演するということもあり、インド生まれのベルギー人サンギータと共に見に行くとこに。

タンゴといえばやはりアルゼンチン。しかしコロンビアでもかなり人気がかあるらしい。なるほど会場に到着した時にはすでにフェスティバルは開催されていて、まずその人の多さに驚いた。かなり広いコンサート会場がほぼ埋まっている。そして人々の熱狂ぶり。曲のサビの部分に入るとみんな一緒に歌い、終盤にさしかかると大歓声。今までタンゴなんて「くろねこのタンゴ」くらいしかまとも聞いたことなかった僕が、ピアノ、アコーディオンが奏でるメロディに大声量かつ心に響く歌声、そして情熱的なダンスにかなり感動。

そして後日行われる野外フェスにて、なんと日本人が出演するとのこと。“Anna Saeki”もちろん知ってるはずもない。しかしこんなメデジンで日本人のタンゴなんてめったに聞けるもんじゃない。ということで、次の日も同じくサンギータと一緒に見に行ってきた。彼女が艶やかなドレスでステージに登場すると、会場はそれだけで大盛り上がり。そうコロンビア人にとってなかなかお目にかかれないオリエンタル&綺麗な女性が見れただけでもう興奮状態。曲の歌い出しは日本語。勿論、みんな何を言っているかわからないのでややキョトンとした感じ。しかしスペイン語で歌い出したとたんドッカーン。またまた会場は大盛り上がり。三曲ほど歌い終わると「オートラ オートラ(他の 他の)」というシュプレヒコール&喝采。自分が歌った訳ではないのだが、同じ日本人としてなんだか誇らしい気持ち。

今日インターネットにて彼女のサイトを見たところ、このフェスティバルの写真とコラムが載っていた。ステージ側から会場を写している写真にはなんとぬぁんと自分が写っているではないか!


さてみなさん僕を見つけることはできますでしょうか?

2009年7月5日日曜日

尻が痛い…


カリを出発して嫌というほどの曲がりくねった山道。しかも山の天候は変わりやすく、土砂降りになったかと思えば、すぐに止み、そしてまた土砂降り…ポパヤンを抜けた後、雨の急カーブで早くもやってしまいました…転倒。気をつけてはいたのですがツルッといってしまいました。幸い怪我は擦り傷程度で済んだのですが、バイクのスピードメーターにヒビが入ってしまい、そっちのほうが痛い。とはいえ走りには問題はないのでよしとしときますか。

パスト、イピアレスにて一泊。イピアレスにある橋の上の教会は必見。よくもまぁあんな山間のところに建てたものです。

イピアレスからすぐのところにエクアドルの国境があり、最初は何もわからず車の流れに沿って国境を越えてしまい危うく不法入国。おかしいことに気づき、再度コロンビア側に戻る。イミグレにてスタンプをもらい、再度エクアドルに入国。ここでもスタンプをもらい、バイクの入国手続きを済ませ無事エクアドル入国

エクアドルに入るとコロンビアよりも道が走りやすい。とにかくキト目指して爆走!そしてほぼ予定時間通りにキトに到着。しかし、毎度のことながら街中に入って自分がどこを走っているのかさっぱり分かりません…とりあえず腹ごしらえのためチャイニーズレストランへ。安い&うまい。どっかの情報ノートに書いてあったが情報通りの満足度。所在地を確認後、ロンプラをたよりに宿探しへレッツゴー。

一件目、宿閉まってました。二、三件目、満室でした。四、五件目、高くて諦めました。六件目にしてやっと宿泊可。しかし明日は予約がいっぱいということでまた移動しなくては…

2009年7月1日水曜日

念願の

コロンビア、メデジンにてバイクを購入ATK,125ccコロンビア産バイク。本当は日本製バイクを買いたかったが、値段が高いので妥協。色々バイク屋を見て回って、このバイクに決定。デザイン、値段申し分なし。性能はこれから分かっていくでしょう…

旅用装備を揃え、メデジンを出発!街を出てすぐ山道に。するとそこでバスとバイク事故に遭遇。バイクは無惨にもバスの下敷きに、しかもライダーはメットをかぶっているにもかかわらずメットから血が溢れている…朝にコンタクトを流した上なんと不吉な。とにかく安全運転を心がけなければ。

とはいえ街を抜けるとずっと山道。そんなに車も多くないのでカーブとデコボコ道さえ気をつければ特に問題なし。バイクはやや排気量不足を感じるが、調子も非常に良く(新車なのに調子悪かったら問題あり)快適に走ってくれている。

とりあえずバイク旅三日目でカリという街に無事に到着。ボゴタ宿主ダニー曰く、ここはサルサの街らしい。明日にはゆっくり街探索と行きますか。